• ホーム
  • 混合肌の人に多いスキンケアの悩み

混合肌の人に多いスキンケアの悩み

2019年05月29日
肌がきれいな女性

混合肌というのは部分的に肌タイプが違っている状態のことです。
例えばTゾーンはテカリがあるものの、Uゾーンは乾燥が目立っているなどの別々の肌質が混ざっている状態のことですが、複数の肌質が存在するということもあり、ケア方法に悩んでしまう方もいるようです。
肌質が違っている為に部分的にケア方法を変えてみることが大切ですが、まずテカリが強い部分はしっかりとオイルコントロールを行うようにしましょう。
その為にも毛穴の詰まりを意識した洗顔をすることがポイントであり、そして保湿も必要ですので油分を控えつつ潤い補給を行うようにした方が良いと言えます。
テカリが強いと保湿を疎かにしてしまいがちですが、インナードライの可能性もありますので保湿を欠かさずに行うことが大切です。
インナードライですとテカリがあっても肌内部は乾燥していることがありますので、表面にベタつきがあるからといって油断しないように注意が必要です。
部分的に乾燥している時のケア方法としては、やはり保湿を行うことが大切と言えます。
乾燥している状態の時は水分量が不足していますので、しっかりと肌内部まで潤いを与えることが大切です。
そして乾燥している時は外的な刺激に弱くなるということもあり、ニキビといったトラブルも発生し易くなります。
しかし単純に乾燥だけが原因になっている訳ではないこともあります。ストレスやホルモンバランスの乱れ、生活習慣などが原因になっていることもありますし、そうした時にはストレス対策などもきちんと行うようにする必要があるのです。
肌はスキンケアだけを行えば状態が良くなるわけでもありませんので、色々な角度からアプローチして対策を行った方が効果的にケアすることができます。